『フォックスキャッチャー』のスティーブ・カレルと『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメが父子を演じ、父デビッドとドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点から描いた2冊のノンフィクションを原作に、家族の愛と再生を描いたドラマ。監督は『オーバー・ザ・ブルースカイ』を手がけたベルギー出身のフェリックス・バン・ヒュルーニンゲン。『ムーンライト』『それでも夜は明ける』を手がけたブラッド・ピット率いるプロダクションのプランBエンターテインメントが製作。脚本に『LION ライオン 25年目のただいま』のルーク・デイビス。(映画.com 抜粋)

原題 Beautiful Boy   製作年 2018年   製作国 アメリカ  上映時間 120分

DVD 発売日:2019年9月3日    詳細はここで

広告
著者

fat mustache

ビューティフル・ボーイ Comment

  1. […]   もう一本は『ビューティフル・ボーイ』。ここでの薬物は覚醒剤の一種であるアンフェタミン。日本のシャブはメタンフェタミンで、これはカンペキ違法薬物。ところが、アンフェタミンはアメリカ合衆国では注意欠陥や多動性障害(ADHD)の治療薬として処方され、これの横流しで高校や大学で頻繁に濫用される薬剤のひとつになっている。 […]

    薬物の怖さを思い知る | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です