アメリカの辺境を舞台に現代社会が抱える問題や現実をあぶりだした『ボーダーライン』『最後の追跡』で、2年連続アカデミー賞にノミネートされた脚本家テイラー・シェリダンが、前2作に続いて辺境の地で起こる事件を描いた自らのオリジナル脚本をもとに初メガホンをとったクライムサスペンス。第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞。主演は『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーと、『アベンジャーズ』シリーズのエリザベス・オルセン。ネイティブアメリカンが追いやられたワイオミング州の雪深い土地、ウィンド・リバーで、女性の遺体が発見された。FBIの新人捜査官ジェーン・バナーが現地に派遣されるが、不安定な気候や慣れない雪山に捜査は難航。遺体の第一発見者である地元のベテランハンター、コリー・ランバートに協力を求め、共に事件の真相を追うが……。(映画.com 抜粋)

原題 Wind River   製作年 2017年  製作国 アメリカ 上映時間 107分

DVD 発売日:2018年12月4日

お求めは こちら で!! 

広告
著者

fat mustache

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です