ニューヨーク、ブルックリンの小さな煙草屋を舞台に繰り広げられる人間模様を、それぞれの真実と嘘、現在と過去を交錯させながら描いた群像ドラマ。現代アメリカを代表する作家ポール・オースターの短編「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を原作にオースター自らが脚本を手がけ、『ジョイ・ラック・クラブ』のウェイン・ワン監督がメガホンをとった。ブルックリンの片隅で煙草屋を営むオーギーは10年以上にわたり、毎日同じ場所で同じ時刻に写真を撮影している。煙草屋の常連客である作家ポールは、数年前に妻を亡くして以来、スランプに陥っていた。ある日、ポールは路上で車にひかれそうになったところをラシードという少年に助けられ、彼を2晩ほど自宅に泊めてあげることに。その数日後、ポールの前にラシードの叔母だという女性が現われ……。店主オーギー役を『レザボア・ドッグス』のハーベイ・カイテル、常連客ポール役を『蜘蛛女のキス』のウィリアム・ハートがそれぞれ好演。第45回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞し、日本でもロングランヒットを記録した。2016年12月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。(映画.com 抜粋)

原題 Smoke   製作年 1995年   製作国 アメリカ・日本合作  上映時間 113分

ブルーレイ 発売日:2017年12月20日

お求めは こちら で!!      ストリーミングなら ここッ 

広告
著者

fat mustache

スモーク Comment

  1. […]  戦友の登場に嬉々として若かりし息子の話をする老女を前にして、サルは言葉につまり、立派な最期だったと嘘をつくしかなかった……。このシーンは『スモーク』(1995年)のラストに披露される「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を彷彿とさせる。 […]

    人生の総括か? 再出発か | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です