ブルックリン、その年一番の猛暑の日。黒人街にあるピザ屋でいさかいが起こった。ある者が店内に黒人スターの写真が一枚も貼られていないことで憤慨。経営者のイタリア人はそれを相手にしなかったが、この一件がきっかけとなり、やがて事件が。その日暮らしのアルバイター、飲んだくれの哲人、ピザ屋の主人の息子たち、韓国人のカップル、といった面々を巻き込んで、ついには暴動へと発展していく! 監督スパイク・リーの名を世界中に知らしめたパワフルな衝撃作。(映画.com 抜粋)

原題 Do the Right Thing    製作年 1989年    製作国 アメリカ    上映時間 120分

DVD 発売日:2012年5月9日 (再発売)    お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ドゥ・ザ・ライト・シング Comment

  1. […]  私にとって、スパイク・リーと言えば、ともかく『ドゥ・ザ・ライト・シング』で受けた強烈な衝撃が忘れられない。ブルックリンを舞台に暴動の起こる瞬間を捉えたシーンは、そこに至る様々な問題の積み重ねに、どうにも改善の余地すら見つからない絶望感を抱かされ、解決のヒントすら見いだせない困惑の中で放たれる一投が全ての始まりにされてしまう……。 […]

    拭いきれない不信感 | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です