第2次大戦下のナチス・ドイツでヒトラー、ヒムラーにつづく「第三の男」と称されたラインハルト・ハイドリヒを描き、フランスで最も権威のある文学賞「ゴング―ル賞」の最優秀新人賞に輝いたローラン・ビネによる世界的ベストセラー小説「HHhH プラハ、1942年」を、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のジェイソン・クラーク主演で映画化。その非道さからヒトラーも恐れ、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として絶大な権力を手にしていったハイドリヒ。その暴走を止めるため、チェコ亡命政府は2人の若き兵士を暗殺チームとしてプラハへ潜入させた。綿密な計画を立て、慎重に待ち続けること数カ月。ついに2人はハイドリヒ暗殺計画決行の朝を迎える。ハイドリヒをクラークが演じ、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカらが顔をそろえる。監督は『フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争』のセドリック・ヒメネス。(映画.com 抜粋)

2017年製作/120分/R15+/フランス・イギリス・ベルギー合作 原題:The Man with the Iron Heart

DVD 発売日:2019年8月7日    お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ナチス第三の男 Comment

  1. […]  ナチスに関連する映画には少々食傷気味だったが、今年の初めに続けざまに公開された2本のDVDが出揃ったところで書いてみようと思っていましたが、忘れてました! 『ナチス第三の男』と『ちいさな独裁者』。 […]

    思考停止?!……!? | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です