「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」のアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、ピーター・オトゥール、オマー・シャリフ、クリストファー・リーという豪華キャストを配し、1990年に製作した6作目の長編作品。飼い犬のダルメシアンにしか興味がない変わり者の大富豪ルドルフは、売春婦たちとの乱痴気騒ぎの最中、突然の心臓発作により昏睡状態に陥ってしまう。ルドルフの遺産にしか興味のない親族たちは会議を招集し、遺産をめぐって言い争うが、彼らが気になるのは、ルドルフの遺産すべてが風変わりな甥のメレアーグラに渡ってしまうのではないかということだった。それから5年後、叔父ルドルフの死と相続できるであろう遺産を待ちわびるメレアーグラはコソ泥のディマと2人、下水道で生活を送っていたが……。ヨーロッパ以外では長らく劇場未公開だったが、ディレクターズカット版として2016年に日本で劇場公開となる。(映画.com 抜粋 )

1990年製作/92分/イギリス  原題:The Rainbow Thief

DVD 発売日:2017年4月5日   お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ホドロフスキーの虹泥棒 Comment

  1. […]  何となくホドロフスキーと同じ匂い。ヨーロッパ以外では劇場未公開作品となっていて、ようやく2016年に公開された『ホドロフスキーの虹泥棒』がかぶってみえる。もっともこちらはアラビアのロレンスで競演した ピーター・オトゥールとオマー・シャリフの二人芝居。見所はこっちの方があるかも……。若かりし頃の二人は『将軍たちの夜』がお薦め。なにも知らなかった妻がオマー・シャリフの格好良さに圧倒されていた……。 また、ドン・キホーテ製作失敗の顛末は『ロスト・イン・ラ・マンチャ』で。amazonプライムでやっている。 […]

    事前のお勉強が必須か? | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です