ロバート・ラドラムのベストセラーを原作に、マット・デイモンが記憶喪失の元スゴ腕CIAエージェント、ジェイソン・ボーンを演じたヒット作『ボーン・アイデンティティー』の続編。前作の2年後、インドで暮らすボーンとマリーのもとに、正体不明の暗殺者が出現。彼の目的は何なのか? ボーンはわざとCIAに捕縛され、自分を巡る陰謀を捜査していく。監督は72年の北アイルランドで起きた「血の日曜日」事件を描いた社会派ドラマ『ブラディ・サンデー』で02年ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したポール・グリーングラス。(映画.com 抜粋)

原題 The Bourne Supremacy    製作年 2004年  製作国 アメリカ   上映時間 108分

DVD 発売日:2005年6月24日

お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ボーン・スプレマシー Comment

  1. […]  ポール・グリーングラスという人物をご存知だろうか? “ジエイソン・ボーン”シリーズの2作目と3作目、『ボーン・スプレマシー』と『ボーン・アルティメイタム』を監督した人だ。数あるアクションものの中で、身近にあるものを凶器に使って闘うシーンは10年以上経た今でも強烈だ。雑誌をトースターに挟んでガス爆発を起こしたり、建物の屋上から隣のアパートの窓に飛び込んだり、屋上駐車場から車ごと落下して難を逃れたり……。いくつもの場面で戦慄を憶えた。 […]

    原点回帰?! | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です