美大出身で元美術教師の直木賞作家・黒川博行が、古美術を題材に手がけた同名ミステリー小説を、駿河太郎と小芝風花の共演で映画化。骨董ディーラーの佐保は、相棒の涼香とともに、とある蔵屋敷を訪れる。その屋敷では、家主の留守中に大阪民具研究会なる初出し屋に狙われ、亡き亭主が大事にしていた茶釜をだまし取られてしまったという。500万円は下らない年代ものの茶釜をだまし取った初出し屋のやり口に、怒り心頭の佐保と涼香は、上司の菊池も交えて茶釜の奪還計画を練るが、すでに茶釜は売りさばかれ、取り戻すことは不可能な状態に。そこで佐保らは、贋作の掛け軸を初出し屋につかませ、奪われた茶釜の価値以上の金額をだまし取ってやろうとするのだが……。佐保役を駿河、涼香役を小芝が演じるほか、上司の菊池役で赤井英和が共演。(映画.com 抜粋)

製作年 2018年  製作国 日本  上映時間 87分  

DVD 発売日:2019年6月5日    お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

文福茶釜 Comment

  1. […]   同じ骨董、古美術を題材に手がけた『文福茶釜』は、お笑いの老舗よしもとクリエイティブ・エージェンシーの製作によるもの。ただし直木賞作家・黒川博行の原作に忠実であろうとしたためか、言葉の掛け合いが練れていないためか、まぁ今一つって感じ……。 […]

    掛け合いやネ、コメディは。 | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です