「ガレッジセール」のゴリの監督・主演で、数々の映画祭で好評を博した2016年製作の短編映画『born、bone、墓音。』を原案に、ゴリが本名の照屋年之名義で監督・脚本を手がけた長編作品。沖縄の離島・粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに、家族の絆や祖先とのつながりをユーモアを交えて描いていく。新城家の長男・剛が母・恵美子の「洗骨」のために故郷の粟国島に帰ってきた。母がいなくなった実家にひとりで暮らす父の信綱の生活は、妻の死をきっかけに荒れ果てていた。さらに、長女の優子も名古屋から帰ってくるが、優子の変化に家族一同驚きを隠せない。久しぶりに顔を合わせ、一見バラバラになったかにも思えた新城家の人びと。数日後には亡くなった恵美子の骨を洗う大事な洗骨の儀式が迫っていた。父・信綱役を奥田瑛二、長男・剛役を筒井道隆、長女・優子役を水崎綾女がそれぞれ演じ、筒井真理子、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎らが脇を固める。(映画.com 抜粋)

2018年製作/111分/G/日本

DVD 発売日:2019年11月20日  お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

洗骨 Comment

  1. […]  こんな感じの映画と言えば、私の中で、今年の邦画ベストワンだと思う『洗骨』がそうだ!! 沖縄の離島・粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに、家族の絆や祖先との繋がりを描いたこの作品は、11月下旬にはDVDが発売されるらしい。こちらも照屋年之監督が2016年製作の短編映画『born、bone、墓音。』を原案に長編化したものらしいが、きわめて精緻に練り上げられた作品で、単なる憧憬に留まらない力強さを感じさせるものだった。ふくだ監督、もうチョット頑張ってゴリさんに追いついてネ。 […]

    まだ青い、でも、おいしい !! | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です