「無言歌」(2010)のワン・ビン監督が、時代とともに衰退していった中国の重工業地帯・瀋陽の鉄西区を総計9時間にわたる3部作として記録したドキュメンタリー「鉄西区」の第1部。日本占領中の満州・奉天に設立され、後に20世紀中国の重要な重工業地帯となるが、時代の変遷とともにかつての繁栄を失っていく鉄西区。そこにある3つの工場にカメラを入れ、事故や鉛中毒といった危険をも受け入れて働いてきた労働者たちが、近く閉鎖される工場で暇を持て余している様子や、経営が行き詰まり民営化に頭を悩ませる国営工場管理陣たちの姿をとらえた。

第2部。日本占領下の満州・奉天に設立され、重工業地帯として栄えた瀋陽の鉄西区は、開放経済の波にのれずに廃れていく。そんな鉄西区の労働者住宅に住む10代の若者たちを中心に、立ち退きを迫られる街の人々を描く。大人たちは暮らしの先行きに不安を抱き、暗く沈む中でも、若者たちは各々の青春を生きていた。しかし一帯の住宅が取り壊しになることが決定し……。

第3部。いくつもの工場を結び、かつては貨物の運搬に多忙を極めたものの、街の衰退とともに大きな役目を終えた鉄路を中心に、暇を持て余す鉄道員や、線路付近で石炭や鉄くず拾いで生計を立てる父子の姿をとらえる。(映画.COM 抜粋)

2003年製作/545分/中国 原題:鉄西区   

DVD 発売日 2013/05/25   お求めは こちら で!!

広告