アメリカ演劇界の女流劇作家として知られるリリアン・ヘルマンが74年に出した回顧録(「ジュリア」パシフィカ刊)の映画化で、ヘルマンに絶大な影響を与えた女性ジュリアとの美しい友情とハードボイルド作家ダシェル・ハメットとの愛が描かれる。製作指揮をジュリアン・デロード、製作はリチャード・ロス、監督は『ジャッカルの日』のフレッド・ジンネマン、脚色を『ボビー・ディアフィールド』のアルビン・サージェント、撮影は『華麗なるギャツビー』のダグラス・スローカム、編集はウォルター・マーチ、音楽はジョルジュ・ドルリューが各々担当。出演はジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェースン・ロバーズ、マクシミリアン・シェル、ハル・ホルブルックなど。(映画.com 抜粋)

1977年製作/118分/アメリカ 原題:Julia

DVD 発売日 2010/02/26 (再発売)   お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ジュリア Comment

  1. […]   突然出てきたリリアン・ヘルマンですが、その若かりし頃を綴った映画、『ジュリア』には思い出があります。迫害前夜のドイツの様子がよく分かりますが、ジェーン・フォンダの能天気な演技には辟易としたものの、ヴァネッサ・レッドグレイヴは出色。そして、アカデミー助演女優賞を受けたときのパレスチナ支援のスピーチに沸き起こるブーイング。TVでリアルタイムで観た時、アカデミーの正体を見た思いがしました。 […]

    文章を捻り出す苦悩、ふっ。その一。 | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です