インドの国民的俳優ラジニカーントが主演を務め、大地主に仕える召使いムトゥの活躍を、インド映画ならではの歌や踊りをふんだんに取り入れて描いた娯楽大作。日本では1998年に公開されて大ヒットを記録し、インド映画ブームを巻き起こした。大地主ラージャーの屋敷で働くムトゥは、ラージャー専属の執事、馬車の御者、ボディーガードとして、常にラージャーと行動をともにしていた。ある時、ひょんなことから旅回り一座の女優ランガと恋に落ちたムトゥだったが、ラージャーもまた、ランガを好きになってしまう。さらに、屋敷を乗っ取ろうと企むラージャーの伯父の陰謀により、ムトゥは屋敷を追い出されそうになるが、ラージャーの母シヴァガーミがムトゥの驚くべき出生の秘密を明らかにする。95年に製作され、日本では98年6月、渋谷のミニシアター、シネマライズ単館で公開がスタートすると口コミで評判が広がり、23週におよぶロングランを記録。その後も全国で上映されて大ヒットとなり、日本にインド映画ブームを巻き起こした。日本公開から20周年を記念した2018年、4K&5.1chデジタルリマスター版でリバイバル公開される。(映画.com 抜粋)

1995年製作/166分/インド 原題:Muthu

DVD 発売日:2019年4月3日(再発売)    お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ムトゥ 踊るマハラジャ Comment

  1. […]   インド映画と言えば、『ムトゥ 踊るマハラジャ』に代表されるように、一瞬でも現実を忘れさせる超娯楽大作ばかりと思っていましたが、近年は社会派と思われる作品が増えてきました。思わずつぶやいた前言を感じさせるような映画にめぐり逢いました。 […]

    そうかなぁ??……? | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です