吉田修一の原作を映画化した『悪人』で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。(映画.COM 抜粋)

2016年製作/142分/PG12/日本

DVD 発売日:2017年4月12日   お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

怒り Comment

  1. […]  つまり楽園は与えられるものでもなければ、追放されるものでもない。楽園は私が作ろうとするもの。理想を抱いて努力する過程が楽園なのだ。何を訳分からんことを書いているのか、吉田氏原作の前作『怒り』を併せて観てみると、なんとなくそんな考えが……。これはオムニバス三部作の様相をとるが、それぞれの青年に凶悪殺人犯では? と疑念が生まれるなかで共通する心の動き。それこそ両作に通ずるテーマでは……。 […]

    『楽園』という言葉の真意は? | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です