黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、『マルコムX』のスパイク・リー監督が映画化。1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。主人公ロンを名優デンゼル・ワシントンの実子ジョン・デビッド・ワシントン、相棒フリップを『スター・ウォーズ』シリーズのアダム・ドライバーが演じる。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。第91回アカデミー賞では作品、監督など6部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。(映画.com 抜粋)

原題 BlacKkKlansman    製作年 2018年    製作国 アメリカ    上映時間 135分

DVD 発売日:2019年10月9日    お求めは こちら で!!

広告
著者

fat mustache

ブラック・クランズマン Comment

  1. […]  第91回アカデミー賞(2019)で作品賞、助演男優賞、脚本賞の三冠に輝いた『グリーンブック』と脚色賞の『ブラック・クランズマン』は似て非なる対照的作品だ。ともに人種差別を扱いながら、根ざすものがまるで違う。前者のなかで、用心棒兼運転手のトニー・リップが家族宛の手紙を書こうとする時、ドクター・シャーリーが添削して温かい内容に仕上げるシーンが象徴するように、教育を施すことで狭量な差別意識が払拭できるみたいに錯覚させたり、北部にたどり着いた時、路上で停車を求めた警官がやさしく対応する場面のように南北での意識の違いを強調するのは、まるで第二次南北戦争の宣戦布告をしているようなものだ。『ミシシッピー・バーニング』と一緒ッ!! 北部諸州にも蔓延していた差別をまるで無かったように描くことは益々こじらせる結果になるだけ。進歩的と称する連中の考えることは甘いゼ!! バカかッ!! […]

    その浅はかさが分断を深める | DVDで観る映画たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です